妊娠後期(28週~)

私の出産レポ①帝王切開前日準備から当日の流れ回想録

投稿日:

さあこです(^^)

 

前回の投稿で帝王切開1日前の気持ちを書いてから、気づけば1ヵ月が経ちました。早いような気もするし、あまりにも生活が一変しているせいかずいぶん昔の話のような気もします。

 

さあこ
改めまして。8月上旬に帝王切開で無事に息子を出産し、ずっとずっと会いたかったわが子とようやく出逢うことができました。

 

帝王切開で産むことに対して、納得しているつもりでも正直どこかで少し引け目を感じていた私。やっぱり出産となれば、おしるしや陣痛・破水などは経験してみたかったし、何より『普通』に産んであげたいと思っていました。

 

でも息子をこの目で見て、手で触れて産声を聞いたら、そんなこと本当にどうでも良いこだわりだったのだと解りました。これから帝王切開を控えている方で、同じような想いでいる方の参考になればと、私の出産レポを綴ってみることにしました。

 

 

帝王切開前日。いよいよ入院

 

帝王切開前日。お昼過ぎに入院手続きをしました。一人で大きい荷物を持ってよいこらせと病棟ナースさんの所へ行くと「それ持って一人で来たの?!」と驚かれる、w。

 

麻酔科・看護師さんから手術の説明

翌日の帝王切開は朝8時過ぎからスタート予定。麻酔科の先生や、手術室の看護師さんなどから手術に関する説明を受けました。麻酔は局部麻酔なので、意識がある状態での手術になります。これは初めての経験なのでどんな感覚になるのか…ちょっとドキドキ。でもこの時は、恐怖よりわが子と会えることが楽しみでなりませんでした。

 

NST中も胎動がすごい

一通り説明をしてもらった後、45分間のNST(ノンストレステスト)。正産期に入ってから胎動が少なくなったように感じていましたが、帝王切開前日のこの日は不思議と元気すぎるくらいの胎動をたくさん感じました。もしかして明日出てくるのが分かってて、最後の晩餐的な感じでお腹の中での生活をハッスルしてるのか?

 

夕食のあと下剤を‥しかし

夕食は軟食でした。そして食べてソッコー下剤を入れられる。食べた意味を問いたくなるほどスピーディー、笑。ちなみに、あんまり出なかった事を伝えましたが、先っちょの方のが少し出てたらそれでOKらしいです。

 

点滴のための針が痛い!そして就寝

翌日の帝王切開後は、丸2日間ほど水分補給や抗生物質などの点滴が必要になるようです。シャワーを浴びて体が温まり、血管が分かりやすい状態で、前もってその点滴の針だけを刺してもらうことに。ひじ下の内側にブスっといきましたが、注射嫌いの私はこれがまず第一関門でした。刺してしまうとなんてことないんだけど、やっぱり針の類は苦手だと看護師さんにぼやく。そして「そんなこと言ってたら明日の手術が思いやられますよね、ははっ」と、看護師さんを前に自分にツッコミを入れて、この日は就寝。

 

さあこ
やっと明日会えるね。とお腹の赤ちゃんに心の中で話しかけながら眠りました。

 

 

帝王切開当日。手術前準備

前日はやはり緊張からかあまり眠れず。ケチって4人部屋にしたから、人の気配も気になったりしてたのかも?ゆったりしたかったし個室にしようかすごく迷ったけれど、1日1万円近くかかるので。12日の入院だと結構な金額になるよね…ってことでここは我慢。その分で夫と産まれてくる息子と初旅行に行きたいな♪なんて考えてました。

 

5時半:起床からの術前準備

5時半に起きて準備をするように言われていたのだけれど、5時には目がランラン!

 

術前準備

  • 着替え(弾性ストッキング・紙パンツ・術着)
  • 絶飲食

 

弾性ストッキング、大きいお腹で履くのは至難の業だったなー。

 

6時:点滴スタート

6時から、昨日前もって刺しておいた針を使って点滴が始まりました。

 

 

心配だった麻酔の痛みや効くスピードはいかに?!

7時半。手術前の準備が手際よく進んでいる中、夫をはじめ家族が到着。知らず知らずのうちに張り詰めていたらしい気持ちがホッとほぐれて少し泣きそうになりました。←早!

 

手術室へ

8時15分。あっという間に手術室へ案内されました。手術室へは歩いていきます。本当にこの後お腹を開けるのかと思う程、普通に歩いていきます。

しかーし、手術室のドアを1枚あけると空気がピリッと!無機質な手術室を前に一気に緊張モード。しかも、うちの病院はキリスト教なので、メスを使う手術の時は手術の無事を願って看護師さんたちからお祈りされるんですよね。私的にはこれがまた余計緊張するわい!って思うんだけど、デフォルトでこのサービスがついていマス。「お祈りなしでいく事もできますがどうしますか?」って聞かれたんだけど、

さあこ
(しかしお祈り断って、ルーティン吹っ飛ばしたせいで看護師さんたちの調子狂ったらいやだよな‥)

と、今から考えると無駄な心配をした私は、お祈りをお願いすることにしました。笑

 

麻酔スタート

8時20分。アーメン‥。が終わって手術台へ。背中から麻酔を入れてもらいます。これが一番痛いと前日の説明で言われていたので、ビビってましたが、チクっとした程度で飛び上がるほど痛いものではありませんでした。

 

今回の帝王切開で一番ビビっていたことは、果たして本当に麻酔が効くのか!ってこと。いや、効かなかったら恐ろしすぎる事なんだけど、単純にそれが心配でならなかったのです。

 

でもその心配もなんのその。背中のチクッとした痛みのあと、足を上げてみるように言われてあげようとしても、まったく上がらないのです!もう麻酔が効いてきてる模様!すごいもんだわ‥

 

‥ここから、開腹から出産の瞬間まで、あれよあれよとやってきました!がその後一波乱あったりもして…!。ひとまず今日はここまで◎長くなるので、忘れぬうちにまた別記事で続き書きます(^^)/

 

さあこ
妊娠線対策、していますか??私はこれを使っていました。

最後まで妊娠線も現れませんでした♡さらっとしていて伸びが良い!

>>AFCの妊娠線クリーム【マタニティクリーム】

 



 

人気記事ランキングBEST10

-妊娠後期(28週~)
-,

Copyright© 妊活のちママ自由帳 , 2019 All Rights Reserved.