採卵1回目 治療費のこと

体外受精の気になる費用。採卵日前日までの金額ぜんぶまとめます!

投稿日:2017年6月26日 更新日:

さあこです。

昨日、2017年6月25日、日曜日。D14。初めての採卵日を迎えました。

 

 

体外受精をするかしないか?決断するまではとてつもなく長かったけれど。体外受精周期が始まるとあれよあれよとあっという間。そして…それと比例して‥

 

お金が吹っ飛んでいきますーー!切実。

 

 

採卵日前日までで結構かかりました。え?移植はもちろん、採卵さえ済んでいないのに?って思いませんか?体外受精周期のお会計にはあるからくりがあるんです。そのからくりを含め‥ひとまず、採卵前日までの費用をまとめました。

 

 

 

 

D1~ブセレキュア点鼻薬の費用

 

私の場合、体外受精の排卵誘発は、ショート法

 

その場合、ブセレキュア点鼻薬は採卵周期の生理開始日(D1)から行います。

 

 

 

 

うちのクリニックでは1日2回、自分で時間を決めてするようにという指示でした。言われた通り、両鼻に1プッシュずつ。ちなみに私は8時20時にすることにしました。

 

ドクター
もういいよって言うまで、必ず毎日続けてね。

 

 

と主治医。結局、

 

ドクター
最後の点鼻薬は、採卵日前々日(D13)の21時ね。

 

 

と言われ、無事にミッション完了しました。ほっ。

 

 

 

ブセレキュア点鼻薬 →排卵抑制のための薬

¥7,560‐

 

 

 

 

D3~D12FSH製剤注射の費用

 

 

D3~採卵日3日前(D11)まで9日間、卵胞を育てる注射を毎日打ちました。病院で打ってもらうか、自己注射でも可能!

 

 

私は基本病院でした。でもクリニックと自分の都合が合わなかった3日間は自己注射をすることに。結果、毎日病院に行けるなら断然行く方が良いなって思いましたよ。

 

 

~毎日病院に行く方が良い理由~

  • 自己注射より病院の方が値段が安い(約半額以下)
  • 自分で注射するのは怖い

 

卵胞を育てる注射は2種類あります。

 

~卵胞を育てる注射~

  • FSH製剤
  • HMG製剤

 

 

HMG製剤は、人の下垂体から分泌される女性ホルモンを抽出したもの。卵胞を育てるFSHとLHというホルモンが混在しています。一方FSH製剤は、そのFSHだけを取り出して抽出したもの。患者さんによって使い分けられるようで、私はFSH製剤の注射でした。

 

 

病院でのFSH製剤150単位注射の値段

 

9日の注射期間のうち6日間は病院で注射をしてもらいました。

 

・FSH製剤150単位 →卵胞を育てる注射

¥16,800‐(2,800×6日分)

 

 

注射だけの場合は再診料はかからないみたいですね。ラッキー。

 

 

自宅でのFSH製剤100単位(ゴナールエフペン)自己注射の値段

 

3日間だけ自己注射をしました。ゴナールエフペンです。これもFSH製剤!

 

 

まさかの夫との共同作業で頑張ったよ~。笑

 

 

ゴナールエフペン300単位を購入して、1日100単位ずつ打ちました。

 

 

注射の打ち方の指導を看護師さんにしてもらうのだけど‥指導料として1,080‐もちゃっかりとられます。←失礼w。

 

・ゴナールエフペン300単位 →卵胞を育てる注射

¥18,360‐(3日分)

※1日分換算6,000-

 

 

・自己注射指導料

¥1,080‐

 

 

卵胞を育てる注射代合計

 

自己注射も含め、卵胞を育てる注射代合計はこちら~!

 

FSH製剤注射代合計

(自己注射指導料含む)

¥36,240‐

 

改めて、9日間でこの注射代ってエグイ~w。

 

 

D3体外受精前感染症検査の費用

 

採卵周期のD3に、血液検査がありました。あんなに嫌いだった採血も、もう慣れっこです!!笑

 

体外受精前に感染症にかかっていないかの検査。心電図をとったりもしました。これももちろん自費~。泣

 

体外受精前検査(感染症検査他)

¥13,000‐

 

 

その他費用

 

そのほか、採卵前の13日間で2回、主治医による超音波検査がありました。

 

超音波検査費用(再診料含む)

¥9,600‐

 

 

 

同じ検査や注射でも費用が違うカラクリ

 

ひとまずかかった費用を全てずらっと並べてみました。何か感じませんか??

 

高っ!!!‥ですよねw。

 

もっと言えば、タイミング指導周期にも全く同じ超音波検査やホルモン補充の同じ注射をするわけですが‥

 

体外受精周期の方が圧倒的に高いんです。体外受精周期に行う全ての診察・治療は保険適用外なんですよね。

 

おんなじことしてるのに!

 

これめっちゃ不思議ですよね。エライ人がそうやって決めているので仕方ないのかな~。でも、せめて高度医療(採卵とか移植)以外の部分は保険適用にしてほしいと切実に思います。注射とかね。

 

 

体外受精採卵前にかかった費用合計!!

 

というわけで採卵前にかかるお金の合計を発表します!

 

★採卵前費用合計★

¥66,400‐

 

~内訳~

ブセレキュア点鼻薬 7,560
注射(FSH製剤) 36,240
体外受精前検査 13,000
その他(超音波検査等) 9,600

 

結構かかりますね。でも卵ちゃんをたくさん大きく育てるため!

 

ドクター
卵が10個ほど育ってますよ~。

 

って。最後の超音波検査のとき主治医に教えてもらったときは、注射頑張ってよかった~って心から思いました♡

 

 

まとめ

 

私もそうだったように、漠然と費用が高い!!というイメージの体外受精。確かに高いのは高いですよね。でも、どの時期にいくらかかってどんなことをするのか、イメージできたら漠然とした不安もなくなるのではないでしょうか♡

 

もちろんクリニックによってかかる金額も違います。個人差もあります。(うちは郊外だし、比較的安い方だと思います。)一つの例として参考になり、悩んでいる人が一歩踏み出すきっかけになれば私も嬉しいです。このあと採卵と胚移植にかかった費用は【全額公開】採卵&胚移植全費用に書いていますよ。

 

 

>>次の記事【D14採卵当日】を読む

<<【D7~11採卵周期の過ごし方】に戻る

 

【男性不妊対策】採卵前、夫に4カ月間飲んでもらって大正解でした◎☟

原因不明不妊男性不妊かも?でも夫は病院ぎらい!そんな方におすすめです

英ウィメンズクリニック(神戸)で提供されていますが、通販でも購入できます。

さあこ
結局、葉酸サプリは必要なの?

妊活中や妊娠初期の女性が特に積極的に摂取しなければならないと言われている葉酸サプリ。私は飲んでいても体調の変化がなかったので、本当に必要なのかとすごく疑問でした。なので、しっかり調べてみることにしました◎

>> 続きを読む♪

私は妊活中から妊娠初期の現在までAFCの葉酸を飲んでいます。葉酸サプリは天然葉酸や、オーガニックが良いとは限りません。厚生労働省は食事から葉酸を摂ることに加えて、妊活中から合成葉酸であるモノグルタミン酸葉酸(400㎍/日)を摂ることを勧めています。エーエフシーの葉酸にはこのモノグルタミン酸葉酸が必要量含まれています。

サプリに含まれる添加物も気になるところですが、この葉酸サプリには合成着色料や香料、保存料は使われていないので安心できました。安すぎるサプリには添加物が多く含まれているものも多いので注意が必要です。

葉酸サプリは妊娠してからでも良いんじゃないかと思っていましたが、主治医いわく妊娠検査薬で陽性反応が出る頃から、もう赤ちゃんの脳や脊椎などの神経系が作られ始めているそうです。その形成に葉酸が欠かせないというのです。だいたい形成が完了する妊娠7~8週目までは確実に摂取しておきたいものです。

私が飲んでいる葉酸サプリにはカルシウムや鉄分も含まれているので、妊娠中に不足しがちな栄養も補うことができます。

高すぎる葉酸サプリは続かないし、定期購入サプリはちょっと試しにくかったので、エーエフシーの葉酸はちょうど良かったです。注文後早ければ翌日に届くのも嬉しいところ。赤ちゃんの無脳症や二分脊椎といった先天性異常を予防するため、あなたも是非すぐにでも初めてみてくださいね。

エーエフシーの葉酸を飲んでいる期間中に、クリニックで血液検査をしました。下の通り葉酸がきちんと必要量摂れていることが分かります。

※今はパッケージが新しくなっています。

↓↓詳しくはこちら↓↓



 

人気記事ランキングBEST10

-採卵1回目, 治療費のこと
-, , , , , , , ,

Copyright© 妊活のちママ自由帳 , 2020 All Rights Reserved.