妊娠後期(28週~)

今日から臨月。NHKドラマ『透明なゆりかご』妊婦の立場で見たリアルな感想

投稿日:2018年7月21日 更新日:

 

ついに今日から臨月。予定帝王切開の日まで約2週間ちょっととなりました。早く赤ちゃんに会いたくて待ち遠しくもあるのだけど、振り返ると妊娠9ヵ月目は早かったです。

 

おむつだとかこまごました赤ちゃん用品を買ったり、水通しもした。妹にマタニティフォトとやらを撮ってもらったり、プチ旅行にも行きました。ラストスパートで赤ちゃんの準備ややりたいことを詰め込んだ感がある9ヵ月目を終えて、ようやく出産というものが少し現実味を帯びてきたかな。不安もあるけどやっぱりわくわくの方が大きい。

 

 

そんな出産間近のタイムリーなタイミングで、昨日からNHKで産婦人科を舞台にしたドラマ『透明なゆりかご』(毎週金曜日:22時~22時45分)が始まりました。皆さん見ましたかー?

 

引用:NHKドラマ10透明なゆりかご

 

私は、ずっと楽しみにしてたので待ってましたという感じ!決して明るい出産話だけでなく重たい話も出てくるのですが…。原作の漫画の時からすごい人気で気になっていたので今回のドラマは絶対見ようと思っていました。

 

1話や、それ以前の特番の内容のネタバレも多少ありますので、これからドラマを見る方はスルーして下さいね。

 

 

原作が大人気漫画!やっとドラマ化されたよ

 

透明なゆりかごは、漫画家の沖田×華(おきたばっか)さん原作で、実際ご本人が産婦人科医院でアルバイト体験をした経験に基づく作品です。産婦人科は、命が産まれるところでもある一方、消えゆく命もある場所だということを考えさせられるお話。

 

メモ

原作の漫画は現在6巻まで発売されています。2018年8月9日に7巻発売予定。

 

✔まずは1巻。

 

✔1~6巻セット。

 

【予約できます】透明なゆりかご7巻。2018年8月9日発売!

 

中絶や、妊婦さんの死亡事故の話も出てきます。結構ショッキングで重めのテーマですよね…。私は数週間後には出産を控えている身。見るのが怖いと感じてしまえばやめてとおこうと思ったけれど、なぜだか不思議とそんな気持ちにはならなかったです。

 

もちろん決して覚悟が出来ているわけではなく、手術台に上がったらおそらく震えあがるのだと思います。子宮筋腫核出の手術の時だって、なんなら親知らず抜いた時ですら怖さでブルブル震えたチキンな私なので、笑。

 

でも、出産ってただの一つも同じものはなくそれぞれが命がけ。それを改めて知るドラマに今出会ったのには何か意味がある気がしてなりませんでした。

妊娠する、しない、産む、産まない。産婦人科のドキュメント

 

1話の放送に先駆けて、先日、透明なゆりかごの特番が放送されていたのでこれももちろんチェックしましたよー♪(←ドラマ楽しみにしすぎな人。)

 

都内のとある産婦人科医にやって来る妊婦さん数名にクローズアップして、経過を追いかける30分ほどのドキュメントでした。しっかり内容があって良いドキュメント番組だったと思ったので紹介しますね。

 

16歳の妊婦さんが母になる

 

まず、16歳夫婦の妊娠出産。正直子供が子供を産むようなまだまだ若い二人でしたが、二人で産まれてくる子供のためにしっかり働いて、ママになる女の子は私自身の16歳の時とは比べものにならないくらいしっかりしている印象でした。この子を見てると、母になるということは、年齢関係なしに母性と言う名のとてつもなく凄いパワーが宿ることなのかもしれないなと思いました。果てさて、私にはそのパワーがちゃんと宿るのでしょうか?‥うーむ。

 

高齢出産。羊水検査をすると決めた妊婦さんと先生からのメッセージ

 

一方、40歳手前の高齢出産ということで、羊水検査をすることに決めた夫婦の話もありました。ここでは実際に羊水を抜き取るシーンも写されていたり、NHKが結構攻めた編集をすることに驚き!

 

羊水検査をしてダウン症などがみつかった場合、90%以上の人が中絶を希望するようです。このドキュメントに出てきた先生はこんなことを仰っていたのが印象的でした。

 

私はそれが良いとか悪いとかは言える立場ではない。でも「赤ちゃんは元気ですよ。これは伝えるようにしています。

 

何か、もどかしい気持ちになったなぁ。

 

ここでクローズアップされていた女性は、『もしダウン症などの先天性異常がある子が産まれてきた場合、自分たちが死んだ後この子がどうやって生きていくのかと考えたら‥。簡単に産む決断はできません。』と涙ながらに言っていました。羊水検査という医療技術が選択できる世の中である以上、この夫婦がたくさん悩んで決めたことには誰もとやかく言えないし、綺麗ごとじゃ済まされないという気持ちは痛いほど分かりました。

 

一方、そのお腹の中には間違いなくひとつの命が一生懸命ちっちゃい心臓を動かして生きていることは紛れもない事実。私は妊娠9週の時、この間まで目には見えないほどの小さい受精卵だった胎児の心音を聞かせてもらいました。その力強さに驚いたと同時に、生きてるよ!ってちゃんとアピールしてくれてるんだと確信しました。

 

私のように妊娠するために不妊治療という医療の力を借りることも出来るけれど、やっぱり100%はなくて。妊娠・出産に至ることって、極論神のみぞ知る奇跡なんですよね。この貴重さはどんなに医療が発達しても、忘れたくないなって私は思います。

 

中絶手術を決めた妊婦さん。

 

あと、中絶手術をする女性の話も出てきました。母子家庭でダンサーをしながら夜はお金のために風俗で働いていて、誰の子かわからない赤ちゃんを中絶しに来たそうです。私にしてみたら、いやいやいつかこうなる事は分かってたやん?って正直かなり腹立ったけど。中絶した女性は泣いていました。どんな理由であれ、中絶するって心も身体も傷つくということなんだろうな、きっと。

 

 

妊娠する、しない、産む、産まない。それぞれのストーリーの中に決断がある。そんなことを淡々と伝えてくれるドキュメントでした。これは見てよかった!!

 

 

 

【第一話】望まれる命とそうでない命。日本の死亡原因の第一位は‥

 

7月20日に放送された第1話では、最初からかなりショッキングな内容でした。夫と見ていましたが、「重いなー。」が夫の感想。中絶手術をした同じ部屋で、直後に幸せな出産シーンの描写がありました。『望まれる命と、そうでない命がある』これが現実ってことかー。

 

また、院長先生(演:瀬戸康史)が、アルバイトにやってきた主人公のアオイ(演:清原果耶)に、日本の隠れた死亡原因の第一位は脳卒中でもガンでもなく『中絶』であるという事実を告げるシーンがありました。これもまた現実。私自身、今まで中絶の話を聞くと「だったらその命ちょうだいよ。」って気持ちになることがよくあったので、これもまた衝撃でした。でも当事者でない他人がその選択を責めることはできないんだよな。

 

そして、やってきた未受診妊婦。訳ありオーラがぷんぷんしていましたが、その通り。不倫相手の子供を妊娠して出産した女性でした。…って、1話から、どこまでディープな話ばっかりやねんと思いましたが。ところどころでほっこりする場面も出てきて救われました。

 

が、最後また衝撃でしたw。あとは是非みなさん観て下さい。ペコリ。

 

 

 



 

 

見逃したら‥再放送をチェック!曜日や時間はいつ??

 

透明なゆりかご第一話の再放送は、7月25日(水)午前1時30分~です(火曜日の深夜)。見逃した方は是非チェックしてみて下さいね。

 

 

動画配信サービスでも見る方法もあります◎

 

また、動画配信サービスで見る方法もあります。配信期間内であれば、録画した番組以外にも好きなときに好きな番組が見られるので、とても便利ですよ!

 

 

NHKオンデマンドで見る

 

「透明なゆりかご」は、NHKの動画配信サービスであるNHKオンデマンドで一定期間見ることが出来ます(有料)

 

NHKオンデマンドで見逃したドラマを見る方法

・NHKオンデマンドの無料会員登録をする。

・見たい番組を単品購入、または見逃し見放題パックに加入して動画を見る。

 

さあこ
放送の当日か翌日から約14日間、NHKオンデマンドで購入し、パソコンやスマホで見ることができますよ!

 

購入方法 費用
単品 108円~
見逃し見放題パック 972円

 

>NHKオンデマンド

 

U-NEXTで見る

 

NHKオンデマンドでは、当然のことながらNHKの番組しかみられません。でもU-NEXTだとたくさんの動画や雑誌までもが見放題で、しかも31日間無料でお試しができるところが嬉しいです。一か月あったらたくさんの動画が見られて、今後続けるかゆっくり検討できますよね。

 

さあこ
無料でU-NEXT専用アプリをスマホに入れて、家(Wi-Fi環境)でダウンロードしておけば、外出先で見る時にモバイル通信を使わなくて良いのが他の動画配信サービスにはない良いところ◎私は今度帝王切開で入院する時に、前もって好きな番組や映画をダウンロードしておいて病院で見る予定です♪

 

さあこ
見られるのはこんな動画♪
  • NHK
  • その他民放
  • 海外ドラマ
  • 映画
  • キッズ向けアニメ ‥など

 

U-NEXT



 

 

まとめ

 

7月20日からNHKで始まったドラマ『透明なゆりかご』。一言で言うと、様々な妊娠・出産ストーリーが綺麗ごと抜きで描かれています。

同じく、妊娠と出産を扱ったドラマ『こうのどり』を見ていた私。これは起承転結がはっきりしていて、涙腺崩壊!みたいなドラマでした。

一方、今回の『透明なゆりかご』は、淡々としていて妙にリアルで、気づいたらじわじわ涙がツーっと静かに流れてくる、噛めば噛むほど‥みたいなそんなドラマでした。未受診妊婦や中絶の話はすごく腑に落ちないんだけど。きっと腑に落ちる必要はないのかもしれませんね。ただただ現実をダイレクトに伝えてくるようなストーリーです。

とても見ごたえがあるので来週からも楽しみに観たいと思います。



 

人気記事ランキングBEST10

-妊娠後期(28週~)
-, , , , ,

Copyright© 妊活のちママ自由帳 , 2020 All Rights Reserved.